天気予報


-天気予報コム- -FC2-

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

このブログをリンクに追加する

バロメーター

最新トラックバック

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プレスブログ

[プレスブログ]価値あるブログに掲載料をお支払いします。

プロフィール

Cruisin’

Author:Cruisin’
「最近週3回は夕刊も読んでます!!」
↑これ位の事を自慢する独身男の適当のアレです。
このブログで紹介している画像等の著作権は製作者にあります。掲載について問題のある場合は速やかに削除いたしますので連絡ください。
【トラックバックは適当にどうぞ!!】

RSSリンクの表示

検索フォーム

適当にCruisin’
日々の生活の中で気になったこととか経済のこととかを個人的な勉強もかねて適当に綴ります。みなさんのトラックバック(TB)を募集中です!!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イギリス政策金利1%に引き下げへ
イギリス政策金利1%に引き下げへ


中央銀行が、一般の銀行(市中銀行)に融資する際の金利。
中央銀行の金融政策によって決められ、景気が良い場合には
高く設定され景気が悪い場合には低く設定される。

これによって、景気が良い場合には預貯金やローンの金利が上がり
通貨の流通が抑えられる。景気が悪い場合には金利が低くなって、
通貨の流通を促進する意味合いを持たせることになる。




[5日 ロイター] 欧州中央銀行(ECB)は5日の理事会で、
主要政策金利である定例買いオペの最低応札金利を2.0%に据え置いた。
据え置きは市場の予想通りだった。
ロイターがまとめたエコノミスト予想は85人中82人が据え置きを予想していた。


いつものようにロイターをみたら↑↑↑のニュースが大きく出ていた。
ロイターでデッカク出ちゃうくらいだから相当スゴイことなのかな?
経済でもコレ系のお話は私には小難し過ぎてわからないが私なりに考えてみた。



     2009/1月 主要国政策金利     (1年前の2008/1月)

  欧州の政策金利  2.0% (4.00%)
  米国の政策金利 0.25% (3.00%)
  英国の政策金利 1.50% (5.50%)
  日本の政策金利 0.10% (0.50%)



FC2 Blog Ranking
人気ブログランキングへ
人気ブログランキング 【ブログの殿堂】


1年前と比べると主要ドコロはガッツリ下げてます。年末から大きく報じられていたが
ヨーロッパもアメリカも利下げしちゃったから今日では日本との金利差は大してない。

だから、日本が追加で利下げしたところで意味がない。つまり円安には動かない。
この未曾有の不況で税収が落ちこんでいるから公債発行が増えるから財政の拡大はムリ。



・・・現状マクロ経済政策の施策は

               ない

                             ということか。。。



で、今ニュースで英国が政策金利を1%に引き下げのニュース。。。
日本を牽引した外需産業の回復は・・・   あ゛~~。。。

SEO対策:経済
スポンサーサイト

テーマ:ひとりごとのようなもの - ジャンル:日記


トラックバック
トラックバック URL
http://cruisin2008.blog65.fc2.com/tb.php/25-11e722c0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。