天気予報


-天気予報コム- -FC2-

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

このブログをリンクに追加する

バロメーター

最新トラックバック

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プレスブログ

[プレスブログ]価値あるブログに掲載料をお支払いします。

プロフィール

Cruisin’

Author:Cruisin’
「最近週3回は夕刊も読んでます!!」
↑これ位の事を自慢する独身男の適当のアレです。
このブログで紹介している画像等の著作権は製作者にあります。掲載について問題のある場合は速やかに削除いたしますので連絡ください。
【トラックバックは適当にどうぞ!!】

RSSリンクの表示

検索フォーム

適当にCruisin’
日々の生活の中で気になったこととか経済のこととかを個人的な勉強もかねて適当に綴ります。みなさんのトラックバック(TB)を募集中です!!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本は来年もデフレ脱却は困難
日本は来年もデフレ脱却は困難
… 一方、他の国では深刻なデフレリスクない-経済協力開発機構



FC2 BlogRanking
人気ブログランキング
ランキング【ブログの殿堂】



[パリ 3日 ロイター]経済協力開発機構(OECD)は3日、日本は今年どころか
来年にもデフレから脱却できる見通しはほとんどない
が、他の国ではデフレ
深刻なリスクではない、との認識を示した。

OECDのチーフエコノミスト、ヨルゲン・エルメスコフ氏が
ロイターとのインタビューで語った。


同氏は「日本については、早期にデフレから脱出できるとはみていない。
つまり、今年は全くその可能性はなく、おそらく来年も難しいだろう」
と述べた。


他の地域については、今年上半期にコモディティ価格が急落したことで
ユーロ圏のインフレ率がゼロないしはマイナスとなったが、ユーロ圏では
デフレが持続するリスクはほとんどないと指摘した。


同氏は「現在は多くの国で全体のインフレ率がマイナスになっている。
しかし、基調的なインフレ率が好ましい水準で推移しており、前年を
わずかに下回っている程度に過ぎないため、デフレとは考えていない」と述べた。


日本は、2009年通年の実質GDP(国内総生産)を▲5.6%と予想。
6月時点の同6.8%から1.2ポイント修正した。


また景気対策の息切れなどで、第4四半期(10~12月)の成長率は
年率換算で0.9%減と再びマイナス成長に転落すると予測した。



デフレ脱却は困難・・・。



(デフレーション対策の例)  ---Wikipediaから引用

* 政策金利や公定歩合の引き下げ ×
* 外国為替相場への介入 ×
* 低所得者への所得保障や最低賃金の引き上げ 民主党-時給1000円?
* 政府保証や政府買い取り制度(金融資産、穀物・原油など基幹資源など) ×
* 累進課税制度など税制による所得の再分配(ビルト・イン・スタビライザー) 民主党あれでしたっけ?
* 財政出動による総需給ギャップの改善 ×

 
民主党、鳩山さん、お願いします!!


スポンサーサイト

テーマ:政治・経済・時事問題 - ジャンル:政治・経済


トラックバック
トラックバック URL
http://cruisin2008.blog65.fc2.com/tb.php/102-8bf6e8d0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。